#

ストーリー


  1. 2015年6月10日
    ●70歳代(女性)C型肝炎のストーリー
    C型肝炎を発病して約50年、出産時の輸血用血液製剤から感染。 インターフェロン療法を、重い副作用に耐えながら施すも完治せず。 バンクーバーゼネラルホスピタルにてギリアド・サイエンシズ社の特効薬、治療率80%のソバルディの処方を奨められるが、費用は驚きの10万ドル、保険適用外。 全額自己負担。
    ○ラストホープへの相談
    この薬を選んで良いのかどうか。また、あまりにも高額な薬のため、他に方法はないのかお問い合わせいただきました。
    ◎Last Hopeの回答
    ソバルディよりもさらに治療率が高いハーボニという特効薬を紹介。 費用は日本で感染したので、日本政府のC型肝炎補償和解金を充てる事を勧める。 また、ハーボニはインドの製薬会社からジェネリック薬として間もなく処方されるため、ニューデリーの病院と医師を紹介する。 このジェネリック薬の価格は正規価格の100分の1、1000ドルである。

  2. 2015年4月1日
    ●80歳代(男性)肝臓癌のストーリー
    定期健診で10cm大の肝臓癌が発見され手術不能とされ、また他の内臓が癒着しているため 陽子線治療も不能。ホスピスへの入院を勧められた。
    ○ラストホープへの相談
    助かるための治療法を教えて欲しい。
    ◎Last Hopeの回答
    ラジオ波で正常細胞や他の臓器を傷つける事なく、癌細胞だけを焼き死滅させる治療法を予約手配。

  3. 2015年3月6日
    ●30歳代(男性)すい臓癌のストーリー
    疲れやすい症状があったので精密検査を受けた結果、すい臓癌が発見される。 すい臓癌は、癌の王様と言われる位予後が悪い。すい臓は柔らかいゼリー状で手術が困難であり、手術して癌を切除できても80%以上が 再発する。
    ○ラストホープへの相談
    すい臓癌のスーパードクターを紹介して欲しい。
    ◎Last Hopeの回答
    世界でも5本の指に入るすい臓癌の医師と、すい臓癌の手術に外科医、内科医、薬剤師が チームであたれる最先端の病院を紹介。 予後は陽子線治療を手配して根治を目指しました。

  • 2015年
  •  -6月(1)
  •  -4月(1)
  •  -3月(1)