#

カナダの医療の問題点

検査の速度


MRI(磁気共鳴画像)検査を始めとする検査待ちの時間がおそろしく長い。待っている間も確実に病魔は進行します。病気を放置しながら、ひたすら予約の電話を待ちますか?



医者・治療方法の選択


カナダにも名医は確かにいます。しかし、その数は少なく、あなたがその名医の診察を受けられるのは、ほぼ不可能です。なぜなら、あなたのファミリードクターが紹介する専門医は、その数少ない名医である確立はかなり低いからです。ファミリードクターは、自分の持つ専門医のリストからしか選びません。そこには、患者からは見えない縄張りが確実に存在します。カナダでは自分で医師を選べませんし、セカンドオピニオンも聞こうとしても、再度ファミリードクターの予約を取り、そしてさらに別の専門医の予約を取るなど、膨大な手間と時間がかかります。つまり、治療方法を選ぶこともできないのです。



日本人とカナダ医療のミスマッチ


日本人は独自の体質と、DNA 構造を持っています。白人に比べ小柄な日本人の手術に、大きな手のカナダ人ドクターは向きません。薬の分量もまるで違います。日本人特有の性質を理解しない治療は命をも脅かす場合もあります。



考え方の違い


カナダでは基本、「即命に関わるか四肢を失う」以外は緊急とはみなしません。すさまじい長さの検査待ち、専門医待ち、手術待ちとなります。



優秀なドクターはアメリカへ


カナダのドクターは基本公務員であり、病院は全て公立です。給与も研究予算も多いアメリカへ優秀なドクターが流れるのは自然な流れです。



医師とガバメントの関係


カナダのドクターはガバメントの厳しいマニュアルに雁字搦めにされています。病気ごとにポイントと治療日数と入院日数が画一的に決められ、例えドクターがもっと入院治療が必要と思っても、PC の画面にレッドアラートが出現し、ガバメントの勧告が入ります。ガバメントは一日あたりの入院費用を$750 と計算し、病気ごとの入院日数をオーバーすると、そのオーバーした金額を、ガバメントからドクターへ請求されることになるのです。複数の病気を併発している場合も一番代表的な病気のみに絞って予算と入院日数を絞ってきます。
またガバメントに届くクレームが直接勧告となってガバメントからドクターに届きます。だからやたら人当たりだけいいドクターが増えます。こんな状況で患者にとってベストな治療が提供できるのでしょうか。ドクターは常にガバメントの影に怯えているのです。





#



毎年、約23,000人のカナダ人が
医師・病院のミスによって死亡している問題


 トロント大学教授のDr. Mclver、Dr. Ross Baker及びカルガリー大学教授のDr. Peter Norton をリーダーとして7つの大学が参加して全カナダを調査した結果、カナダの病院で毎年23,000人以上の患者が急性期ケア病院における医師と病院のミスによって死亡している事実が明らかになりました。その内容は、医薬品の投与ミス、副作用、手術中の死亡、術後の感染症など明らかに知識と技術があれば防止可能であったとの事です。(http://www.hancock house.com/products/pdfs/sample_chapter3.pdf)このレポート中で「粗悪な医学的治療が意図的に秘密裏にされ隠匿されてきた」(原文:Shoddy medical care has been shrouded in secrecy.)と報告されています。
 近年の総合的な医療過誤発生率7.5%(医療、手術を受けた患者250万人中18万5千人)であり、先進国の中でも突出した高さです。さらに、その18万5千人の患者の内、なんと9,250人が永久的な障害(Permanent Disability)を負っているのです。
 その大きな原因のひとつとされているのが、移民国家であるカナダにおいて大小200以上の民族の身体の病気の発症と治療法は、民族ごと身体の性質、DNA構造、薬品への耐性などが違う治療法が求められるのに全民族へ画一的な医学で治療にあたる事と言われています。
 アメリカは皆保険を持たず、4,000万人を超える無保険者が存在し、医療受診についての格差が拡大しているのに対し、カナダでは1972年以降は、全州が均質の公的病院・医療保険制度を導入し、実質的な国民皆保険が実現しています。このメディケア制度への国民の支持は高く、導入当初は国民統合の象徴とまで言われ、現在でも多くのカナダ人が誇りに思っているシステムです。
 ところが実態はと言うと、このカナダの皆保険の実態は、コアとされる医療はすべて無料であるものの、コアに入っていない歯科診療・処方薬剤費・リハビリ治療などは全額ないしは過半が個人負担で、総医療費に占める私的負担の比率は約30%にものぼっています。この数字は、公的医療保険を持つ先進国の中では、飛び抜けて高い数字です。


カナダの医療の最大の問題点


 それは、医療機関へのアクセスの悪さ、待ち時間の長さにあります。  一般に医療機関を利用する場合には、まず地域のファミリードクターを受診する必要があります。しかしファミリードクターは、実数が少なく、また患者数を制限することが公に許可されているため、新規の患者を受け付けていない場合が少なくありません。運良くファミリードクターを持てた場合でも、医師は基本的に保険医であり診療報酬に上限が設けられているため、1日の診察人数を制限している場合がほとんどです。症状を感じて電話しているのに、予約が2週間後ということもあたりまえにあります。また、専門医についてはファミリードクターの紹介なくしては受診できないシステムになっています。
 コアとされる医療であっても、Elective Therapy(緊急を要さない治療)の待機期間が平均18.3週間(約4ケ月半)、CT・MRIなどの検査待ち期間が10週間(約2ケ月半)から20週(約5ケ月)と異常に長く、欧州で待機期間が問題になり、その後改善された英国にも抜かれて、先進国中最悪のワースト1となっています。
 さらにカナダでは極端に医師数の少ない科(整形外科、皮膚科、産婦人科など)では、数ヶ月後から1年半先にしか予約がとれない状況です。また、医療費抑制政策により、CTやMRIなどの検査機器の数が日本に比べて極端に少なく、検査の待ち時間も上で述べた様に何ヶ月も先になるという状況です。
 フレーザー研究所のデータ(2012年)によれば、家庭医から専門医までの紹介待ち時間はカナダ全州・全科の平均で9.5週(約2ケ月)、専門医からさらに手術などを行う実際の治療までの待ち時間はさらに9.5週(約2ケ月半)です。
 さらに数が少ない整形外科医の場合、紹介待ち時間は19.7週(4.6ケ月)、治療までの待ち時間は19.4週(4.5ケ月)です。この治療までの長い時間に、進行する病状と向き合う患者と家族の「もしかして手遅れになるのでは」と言う身体的、精神的苦痛と不安と恐怖は、健常者の想像を絶したものでしょう。
 ファミリードクターを持っていない患者さんが受診できるのはウォークインクリニック(注:ショッピングモールや街中にある簡易診療施設)ですが、常に混雑しており、オタワ市内の場合、数時間待ちが平均です。また、ウォークインクリニックには、レントゲン検査機器、簡易血液検査機器、超音波検査機器などの基本設備をほとんど設置しておらず、医療設備も医師のレベルも決して高くはありません。  金銭的に余裕のある人々の殆どは、米国で治療を受けています。カナダ国内でも政治家や官僚とのコネを持つ人々が、正直に検査や治療を待っている人たちの順番を飛ばすことは、日常茶飯事に行われているのが現実なのです。カナダには、とてつもない医療格差が存在するのです。
 トロントでは、緊迫した病気の子供に早く治療を受けさせたいと思い詰めて医師を人質にとった父親が、警官隊に射殺され、後に子供も治療を待つ間に病死すると言う悲しい事件まで起こりました。その結果、伝統的なカナダの医療システムの平等性は、いまや遠い過去の神話と化し崩壊しています。
 また、2004年にケベック大学付属病院で100人近い患者に死をもたらした致命的な感染症は、まるで19世紀のような初歩的な衛生管理の不備が原因でした。
 このような悲惨な事態から判断する限り、カナダの医療の質のレベルは先進国中でも最下位に近いと言わざるを得ないのが現実です。これは、縦割りで厳格で官僚的な政府の財政支出方式に原因があり、これが医療システムを内部から崩壊させたのではと言われています。
 もっと質の高い医療サービスをもっと安く提供できたはずの医師の意欲を、なぜカナダは殺ぎ落としてしまったのでしょうか。そして、カナダの政治家はいつまでこの状況を放置し続けるのでしょうか。