#

あなたを救えるドクターが、います。

#

大木 隆生

|

東京慈恵医科大学附属病院(東京都港区)血管外科他

【専門分野】心臓他、腹部大動脈瘤、頚動脈狭窄症、閉塞性動脈硬化症

「ベスト・ドクター・イン・ニューヨーク」の血管外科部門で4年連続の首位。一日4件、年間800件の手術をこなす。最先端の人工血管「ステントグラフト」を用いた世界随一の天才血管外科医。http://youtu.be/ENLNz2lJbYk


#

天野 篤

|

順天堂大学医学部附属病院(東京都文京区)心臓血管外科教授

【専門分野】狭心症・心筋梗塞の患者への冠動脈バイパス手術

「心拍動下バイパス手術(オフ・ポンプ)」のパイオニア。知る人ぞ知る、「天皇陛下の心臓手術執刀医。」手術数は6000例以上、手術の成功率は緊急手術も含めて98%と驚異的な数字を誇る。年間の手術例は400例以上。今、日本で最も有名な心臓外科医。http://youtu.be/Xu_MixolCY0


#

福島 孝徳

|

福島孝徳脳神経センター(東京江戸川区)、福島サイバーナイフセンター他

【専門分野】脳腫瘍手術、鍵穴手術

頭部に500円玉硬貨ほどの小さな穴を開け、顕微鏡を使って患部を切除、縫合する。超人的な技術により、通常の頭骸骨の開頭手術に比して大幅に患者の負担が軽減され、世界中の患者から絶大な支持を受けている。今までに救った命は25000人以上。1年365日で500件の手術を行っている。http://youtu.be/F08StgNWz0c


#

北川 雄光

|

慶応義塾大学病院(東京都新宿区)消化器外科教授

【専門分野】胃癌、食道癌手術

胸腔鏡、腹腔鏡手術の世界的権威。「腹腔鏡下センチネル節(SN)生態検査」を独自に開発し、不要な臓器やリンパ節の切除を最小にする。通常の手術では、胃の全摘出や3分2を切除されてしまうところを、ほんの一部の切除で済む。転移をおこすことなく臓器の重要な機能を出来る限り残こす事が可能。食道癌の手術関連死亡率は全国平均3.4%、北川教授率いる慶応病院は1%以下である。


#

福間 英祐

|

亀田総合病院(千葉県鴨川市) 乳腺外科乳腺科主任部長

【専門分野】乳癌の「凍結療法」の世界的権威

癌細胞を凍らせ死滅させてから、乳癌の必要最低限の除去により、乳房の損傷を最小限に止める「凍結療法」のパイオニア。胸腔内内視鏡手術により乳房に傷跡がほとんど残らず、表面の皮膚も残すため後の乳房再建も美しい出来上がりが可能。「凍結治療」は1センチ以下のがんなら手術をしないで針を刺して凍結させるだけ。この治療法は乳房を温存し、高い治癒率を誇る。


#

千葉 純司

|

東京女子医科大学(東京荒川区) 東医療センター教授

【専門分野】変形性膝関節症、骨粗しょう症、リュウマチ、人工関節

チタン合金による人工関節置換手術の世界的権威傷が小さい最小侵襲手術、超軽量のチタン合金の人工関節置換手術の名医。3週間の短期で通常歩行可能な驚異の回復。


#

椎名 秀一郎

|

東大医学部附属病院(東京文京区)消化器内科医局長

【専門分野】肝臓癌への高周波治療

原発性肝細胞癌をラジオ波灼熱高周波により高熱で焼いて死滅させる内科的治療の世界的権威。外科手術に比べて格段に身体の負担が、少なくて済む効果的な治療法。そのため例え再発しても繰り返し治療が可能。治療症例数7500件以上は世界でもトップレベル。


#

伊藤 不二夫

|

あいち腰痛オペクリニック(愛知県丹羽郡)理事長

【専門分野】腰痛のレーザー治療

レーザー治療により、経皮的内視鏡下(レーザー補助)ヘルニア摘出術、経皮的レーザー椎間板減圧術の研究者でありエキスパート。椎間板減圧手術の最小侵襲手術 Minimally Invasive Spine Surgery (MISS)の世界的権威。腰痛の名医としてテレビ朝日の「ニュースステーション」等のテレビに出演している。


#

藤井 隆広

|

藤井隆広クリニック(東京中央区)院長

【専門分野】大腸癌検診、内視鏡癌検査、内視鏡手術

一日で終わる食道、胃、大腸内視鏡検査のスペシャリスト。「医師が選ぶスーパードクター50人」に選ばれる。検査症例数は5万件以上。女性の癌死亡率は大腸癌が第一位、その早期癌を見逃さず、確実な診断と適切な手術をその場で行う。http://youtu.be/CUE_3VXG5_0

これらのスーパードクターたちは、ほんの一部です。
あらゆる病気、疾患に対応できるスーパードクターが、
あなたを救うために待っています。

  • がん
  • 脳神経外科
  • 眼科
  • 整形外科
  • その他

工藤 進英

|

昭和大学附属病院(横浜) 【専門分野】大腸がん


大腸内視鏡的粘膜切除術の世界的権威である大腸内視鏡のスーパードクター。EMR手術では世界一の施術数を誇り、大腸がんは全てポリープを原点とすると言う定説を覆し、世界で初めて陥凹型大腸がんを発見した実績を持つ。さらにこの陥凹型大腸がんの世界最多の治療実績を誇っている。また、側方発育型腫瘍、早期の大腸がんに対する「内視鏡粘膜切除(EMR)」や「内視鏡的切開剥離(ESD)」などの症例数は世界一である。

笹子 三津留

|

兵庫医科大学(西宮市) 【専門分野】胃がん


胃がんの切除手術では世界最高と呼ばれている。通算症例数2000例以上。 有効な抗がん剤などの化学療法で術前に病巣を最小にし、内視鏡などを駆使して患者の負担を最低限にとどめ、QOL(Quality of Life, 術後の人生の質)を最高にあげる治療法で高い治癒率を誇っている。正に世界的胃がんのスーパードクターである。

加藤 治文

|

東京医科大学(東京新宿区) 【専門分野】肺がん


標準術式の5年生存率は世界トップレベル。画期的な光線力学療法(PDT)の考案者であり、早期肺がんへの驚異的な治癒率は他の医師の追随を許さない。西洋医学に漢方治療、心理療法、民間療法、さらに放射線治療、最先端化学療法などを複合的に組み合わせ驚異的な治療成績を上げている。

幕内 雅敏

|

日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区) 【専門分野】肝臓がん


世界の肝臓がん手術をリードし続けてきた世界的名医。自身が開発した超音波診断機を活用し、腫瘍の血管を特殊色素でマークし100%切除する術式は世界を驚かせた。肝臓がんの症例数が少ない病院で肝臓がんの手術を受けるのは、とても危険であると幕内は警鐘を鳴らしている。術後には西洋医学と漢方医学を合体させた治療戦略をもって、再発を最低限にするべく対処する。正に世界でも超一流の肺がんのスーパードクターである。

幕内 博康

|

東海大学附属病院(伊勢原市) 【専門分野】食道がん


食道がんは、最初に診察を受けるドクターのレベルで運命が決まると言われるほどドクターの腕の差は激しい。幕内は内視鏡切除による食道がんの世界的権威。自身が開発した幕内法「EEMRチューブ4段法」で手技精度と時間短縮を飛躍的に高め、治癒率、症例数共に世界トップレベルを誇るスーパードクターである。その治療成績の高さは海外から高い評価を得ており、国内外から多くの患者が訪れる。

伊藤 一人

|

群馬大学附属病院(前橋市) 【専門分野】泌尿器がん


前立腺肥大、前立腺がんの発見とホルモン療法、手術、放射線療法を組み合わせて行う治療のエキスパート。前立腺肥大症に対してはHoLEPレーザー前立腺核出手術で高い効果を上げている。前立腺特異抗原(PSA)値・超音波検査、直腸診所見をもとに、多数箇所生体検査で病巣と原因を特定する。術後の尿失禁を極力少なくし、10日以内の退院を目指し、年間300例の症例数をこなす。切らない治療を目指し、全身療法として最先端ホルモン療法、タキソテール化学療法などでQOLを極力大切にする事を常に心がけている名医。

山本 明史

|

埼玉医科大学病院(川越市) 【専門分野】皮膚がん


かつて国立がんセンターにおいて「皮膚がんの最高のスペシャリスト」と言わしめた。症例が極端に少ない皮膚がんに対しては、未熟な治療しか施せない医師が多い中、山本は最新鋭のダーモスコピー検査、センチネルリンパ節検査で年間200以上の症例数をこなす名医。皮膚がんでも最も悪性と言われるメラノーマ(悪性黒色腫)における世界的権威と言わしめているスーパードクター。

木下 平

|

愛知県がんセンター(名古屋市) 【専門分野】すい臓がん


がんの王様と呼ばれる程、悪質で予後が悪いすい臓がんに、転移に備えてあらゆる周辺臓器の知識、治療にも通じているスーパードクター。すい臓がんは、がんの中のがんと呼ばれる程早期発見が難しく、予後も再発の可能性は他のがんと比べ、遥かに高い。手術はすい臓にとどまる事は少なく、多くは周辺の他臓器までの拡大切除(多臓器合併切除)となる。それら多くの臓器を的確に正確に手術を行える、世界でも数少ない名医である。

木原 和徳

|

東京医科歯科大学病院(東京文京区) 【専門分野】腎臓がん


木原式術式、身体に優しい切開創5~6センチのミニマム内視鏡手術は世界的に最も注目されている術式。木原式ミニマム創内視鏡手術は、たった一箇所だけ切開し、通常必ず使用するガスを一切使用せず、モニターと肉眼を併用しながら行う、身体に優しい手技は、神業と賞賛されている。患者への負担を最小限に抑えるこの画期的な手術法は、海外からも多くの患者が訪れる、正に腎臓がんのスーパードクターである。

鎌田 信悦

|

国際医療福祉大学(大田原市) 【専門分野】舌がん


患者の殆どが2cm以上の進行がんで来院するケースが多いため、高度な手術を要求される中、鎌田は頭蓋底手術に独自の改良を加え顔面、頭部の最も深い部分にも安全に確実に行う手技には世界から高い評価を得ている。手術前にサイバーナイフで治療を行い、術後の機能低下を補うために舌を半分切除してもおなかや腕の組織を使用して、再建する技術では右に出る者はいないスーパードクター。

谷口 修一

|

虎ノ門病院(東京港区) 【専門分野】血液がん、白血病


白血病をはじめとする血液がんへの白血病移植手術の世界的権威。谷口が開発した造血幹細胞移植治療、さい帯血ミニ移植手術でこれまで治療困難とされてきた患者を数多く救って来た。谷口は毎日患者の血液検査データを、穴があくほど見つめ、治療戦略を考え抜き、最善の治療法を採用すると言う。「なんとしても助ける、それだけを考える」これが谷口のモットーである。まさに白血病の神の手と呼ばれるスーパードクター。

岸本 誠司

|

東京医科歯科大学病院(東京文京区) 【専門分野】頭頚部がん


鎖骨から上部で脳と眼球以外の鼻や喉の「頭頚部腫瘍」のスーパードクター。喉のがんに対しては、食道がん手術で用いられる特殊内視鏡(NBI)を使用し治療法や、舌がんに対しては放射線物質を体内に埋め込み常に病巣に放射線を放射して治療を行う、永久挿入密封小線療法などの画期的な治療法を駆使して、年間400例の症例数をこなしている名医である。

山本 雅一

|

東京女子医大病院(東京新宿区) 【専門分野】胆のうがん


一般的に胆のうがんの術中死亡率は高いとされる中、手術症例数1000例以上は国内トップレベル。胆のうがん、乳頭部部がんの切除数は日本一を誇り、高い治癒率を誇るスーパードクター。超難関とされる胆のうがん手術のエキスパート。

安藤 正明

|

倉敷成人病センター(倉敷市) 【専門分野】婦人科がん


婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術の世界的権威。症例数は3500例と国内トップを走るベテラン。浸潤子宮がんの子宮温存手術で国内初の妊娠出産を成功させたスーパードクター。国際学会で5年連続の学会賞を受賞するなど世界的名声は高い。

佐武 利彦

|

横浜市立大学医療センター(横浜市) 【専門分野】乳房再建術


最小の傷で柔らかく温かい乳房を匠の技で再建する名手。患者の意向に沿ったオーダーメイドで正に日本人の匠の技で美しい乳房をつくりあげるスーパードクター。女性の命と言われる乳房を失った絶望から、患者を救い上げる救世主である。

内田 淳正

|

三重大学病院(津市) 【専門分野】骨がん


骨軟部の腫瘍、骨肉腫に対し、内田が開発した遺伝子療法治療は高い治癒率を誇る。世界の注目を集めている骨がんのスーパードクター。他で治療困難な患者に対しても、高い治療効果を上げている実績は海外からも患者が訪れる。

岡田 恭司

|

秋田大学病院(秋田市) 【専門分野】筋肉がん


平骨筋肉腫瘍の第一人者。画期的な岡田式アクリルオレンジ光線放射線力学料で、再発を防ぐ手法は驚異的な生存率は世界を驚かせた。最先端技術と経験に裏付けられた技で難関の筋肉がんの治療にあたるスーパードクター。

武藤 学

|

京都大学病院(京都府) 【専門分野】咽頭がん


世界に先駆けて開発したPGAシートとフィブリン糊スプレーで被覆するMCFP法で、手術を低侵襲かつ疼痛を無くす術式を駆使する世界的スーパードクター。術法の発明と手術の匠の技は、「武藤の前に武藤無し、武藤の後に武藤無し」と言わしめる程の天才的スーパードクターである。

櫻井 英幸

|

筑波大学陽子線研究センター(筑波市) 【専門分野】放射線治療


元々効果が高い陽子線治療に、手術や化学療法を組み合わせる「櫻井式集学療法」を開発し、驚異的な治癒率を誇るスーパードクター。

細谷 亮太

|

聖路加国際病院(東京中央区) 【専門分野】小児がん


治療が困難で通常なら小児ホスピスに行くしかない小児がん児童に対し、独自の抗がん剤治療法をもって小児白血病、小児脳腫瘍、小児神経細胞腫瘍に大きな効果を上げ、治癒率は80%を超える成績は世界でも突出している小児がんのスーパードクター。正に小児がんの子供を抱える親にとって神のような名医である。

後藤 康之

|

コンフォート病院(横浜市) 【専門分野】がんカテーテル治療


がんの原発巣や転移部分に、カテーテルで最も接近し濃度の高い抗がん剤を直接注入してがんを死滅させる最先端の治療法。今までの副作用の苦痛を伴うのがあたりまえの抗がん剤治療に、とって替わる最先端治療として注目を浴びている病院。従来は適応するがんが限られていたが、後藤はあらゆるがんに、カテーテル治療を応用させたスーパードクターである。


▲Page Top


片山 容一

|

日本大学附属病院(東京板橋区) 【専門分野】パーキンソン病


柔軟な特殊電極を脳内に埋め込み、体内埋没型刺激デバイスによって行う脳深部刺激療法(DBS)により、脳機能を画期的に改善させる治療法は 正に驚異的の一言である。また脳内の生体シグナルに合わせて駆動するオンデマンド型DBSのハイブリッド電子回路の開発にとりかかっている。正にパーキンソン病のスーパードクターである。

上山 博康

|

旭川赤十字病院(旭川市) 【専門分野】脳卒中


患者の腕を頭の横に上げ、手首の血管を一時的に脳に繋いで行う 世界初の上山式バイパス手術は、世界の脳外医学会に革命をもたらした。脳外科の世界的権威。脳卒中、脳動脈瘤のクリッピング手術では過去20000例の症例数をこなして来た。「手術時間が長いドクター?それは単に腕が悪くて下手くそなだけ。私は2時間以上の手術をした事がない。それは患者さんへの負担を極力軽くする事である。」「私は患者を絶対治すのだ。私はとてもあきらめが悪い。」まさに神の手、スーパードクター.上山だから言える名言である。

坂井 信幸

|

神戸市立医療センター(神戸市) 【専門分野】脳動脈瘤


破裂前の大型動脈瘤に対し、切開しない脳内カテーテル手術のエキスパート中のエキスパート。そのスピード、正確さ、安定性は他の脳外科医の追随を許さない。これまでに6000例以上の脳血管治療を手がけ、そのうち脳動脈瘤塞栓術2000件、脳動静脈奇形塞栓術350件、硬膜動静脈瘻塞栓術400件、頚動脈ステント留置術1200件等、ステント治療を得意とする一方、脳動脈瘤の開頭clippingも1000件を超えるスーパードクター。世界中から多くのドクターが研修に訪れ、患者が訪れる。

村山 雄一

|

東京慈恵会医科大学病院(東京港区) 【専門分野】脳血管治療


独自に開発した村山式手術(極細のカテーテルを鼠頚部から金属コイルを用いて行うステント療法)により、他では手術不能であった疾患が多く救われている。脳血管障害のスーパードクター。

佐藤 健吾

|

新緑会病院(横浜市) 【専門分野】サイバーナイフ治療


最大1200の角度方向から0.2mmの以内の誤差で首から上部のがん細胞のみを死滅させる最新鋭の放射線治療機のスーパードクター。年間640人以上の治療数は世界ナンバー1である。

林 基弘

|

東京女子医大病院(東京新宿区) 【専門分野】ガンマナイフ治療


コバルト60の線源をヘルメット状に並べ、ガンマ線を病変部にピンポイントであてがん細胞を死滅させるガンマナイフの名医。特に三叉神経痛治療のエキスパート。

内山 真一郎

|

東京女子医大病院(東京新宿区) 【専門分野】脳梗塞


脳梗塞治療と予防法で世界をリードするスーパードクター。国際共通研究による大規模臨床試験を通じて開発された治療法は世界最先端の技術である。読売巨人軍の長嶋茂雄の主治医でも有名。

澤村 豊

|

北海道大学附属病院(札幌市) 【専門分野】小児脳腫瘍


APSを用いたミクロレベルでのロボット小児脳腫瘍手術のエキスパート。他で手術不能とされた小児脳腫瘍、顔面けいれん、三叉神経痛、下垂体腫瘍、松果体腫瘍、治療不能とされていた先天性奇形などの治療に高い実績を持つスーパードクター。

木原 俊壱

|

大津市民病院(大津市) 【専門分野】脊椎脊髄外科


独自に開発した木原式手術法(K-method)により首の痛みやしびれを取り除く。皮切範囲は3cm以下で傷が小さく低侵襲で手術時間も短い安全な手術を得意とする。症例数は5000例を超えている。

新井 基洋

|

横浜市みなと赤十字病院(横浜市) 【専門分野】めまい


ほとんどが原因究明困難とされるめまいの治療のスーパードクター。4泊5日で治癒する治療法は予約が2ヶ月半待ち。


▲Page Top


北澤 克明

|

赤坂北澤眼科(東京港区) 【専門分野】緑内障


緑内障の最先端治療である眼科レーザー治療の先駆者であり治療のエキスパートである。症状が進み失明不可避とされた患者を数多く治癒させるスーパードクター。

赤星 隆幸

|

三井記念病院(東京千代田区) 【専門分野】白内障


白内障手術において、「世界一の実績」を上げている名医。プレチョッパーと呼ばれる特別な手術用具を駆使して行う、赤星式プレチョップ式と言う独自の術式を開発した。他では多数発生する乱視などの副作用も、この術式では一切発生しない。手術時間が短いため、年間数千件もの症例数を誇っている正に世界一のスーパードクター。

島崎 潤

|

東京歯科大学市川総合病院(市川市) 【専門分野】ドライアイ


ドライアイ及び角膜移植のエキスパート。角膜移植の症例数は1000例以上。ドライアイの免疫抑制剤や涙腺分泌の点眼薬の研究では右に出る者はいないスーパードクター。

矢作 徹

|

錦糸眼科(東京港区) 【専門分野】レーシック近視手術


「レーシックの鬼才」と呼ばれる日本においてトップと言っても過言ではない技術と4万例以上の症例数は、他のレーシック専門医の追随を許さない。他で格安レーシックで失敗した駆け込み寺としての役割も果たしている。

湯澤 美都子

|

日本大学附属病院(東京板橋区) 【専門分野】加齢黄斑変性


失明原因のトップである黄斑変性の早期発見と治療のスーパードクター。最先端の技術のレーザー光凝固法や光線力学療法を駆使して、患者を失明から救う。その技術の高さは世界から注目を集めている。

清水 公也

|

北里大学附属病院(相模原市) 【専門分野】網膜はく離


自他共に認める網膜はく離、白内障手術、屈折端正手術の名医。スポーツ選手に対する視力低下の治療、屈折端正手術に多くの経験と最高の技術を持つ。日本における屈折端正手術の草分け的存在である。

園田 康平

|

九州大学附属病院(福岡市) 【専門分野】ぶどう膜炎


ナチュラルTキラー細胞を利用した園田式ぶどう膜炎免疫療法を編み出し、他で治療不可能な患者を救ってきたスーパードクター。難治性の疾患、希少な疾患を多数治療した技術は世界が賞賛している。

北野 滋彦

|

東京女子医大糖尿病センター(東京新宿区) 【専門分野】糖尿病網膜症


糖尿病網膜症の「レーザー光凝固術」のエキスパートであり、年間症例数は2000件以上を手がけ、成功率は9割以上の成績は世界トップレベルである。硝子体手術及び、その他の手術を加えると年間500件がプラスされ、まさに糖尿病専門眼科と呼ばれるにふさわしい実績を上げている名医。


▲Page Top


川西 昌浩

|

医仁会武田総合病院(京都市) 【専門分野】腰痛


頚椎圧迫骨折に対し、独自に編み出した「セメント療法」にてセメントを直接頚椎内に注入して凝固させ治癒させるスーパードクター。治療時間15分の日帰り治療。治療費28万円(保険適用外)

小堀 真

|

人工関節センター病院(東京足立区) 【専門分野】膝関節変形症


股関節、膝関節の低侵襲人工関節手術のエキスパート。年間300例以上の手術をこなす技術と、自ら設立した人工関節センターの最先端の治療設備を融合させ、多くの患者を救っている。

巽 一郎

|

湘南鎌倉総合病院(鎌倉市) 【専門分野】最小侵襲


自ら編み出した超低侵襲の筋肉を全く切らない人工関節手術(MIS-TKA法)では、傷跡が小さく術後5~10日後には歩いて退院できる。従来の膝関節全体を人工関節に置き換えるのではなく、内側の悪化している部分だけを人工関節に交換し患者の負担を最低限にする事を可能にしている。カナダやアメリカの膝人工関節が曲がり角度が90度なのに対し、DR巽は120度を超える曲がり角度を可能にする技術を持つスーパードクター。

石部 基実

|

石部基実クリニック(札幌市) 【専門分野】最小侵襲


「北の大地で歩行困難の女性たちを、次々立ち上がらせるゴッドハンド」と褒め称えられる極小侵襲人工股関節(MIS手術)のスーパードクター。 一般の股人口関節手術では約20cmの傷を必要とするが、石部は7cmの傷で済ます。極力筋肉に触れない手術法のために、4~14日で患者は早期に日常生活に完全復帰が可能になる。正に神の手をもつスーパードクター。

菅谷 啓之

|

船橋整形外科病院(船橋市) 【専門分野】肩関節疾患


肩腱板断裂、肩関節の痛みに対し、関節内視鏡下手術のスーパードクター。他で治療不能とされた患者の多く自ら開発した、「菅谷式術式」で 小さな穴から内視鏡を挿入して肩、肘の痛みの原因を短時間で取り除く。年間症例数は600件以上、多くのプロスポーツ選手もこの治療を受け現役選手に復帰している。正に肩の痛みの名医である。

福井 康之

|

国際医療福祉大学附属三田病院(東京港区) 【専門分野】坐骨神経痛


脊椎、脊髄外科の世界的権威であり、治療最難関とされる腰部脊柱管狭窄症手術は世界ナンバー1と称されているスーパードクター。症例数は1200以上を誇る。福井の手術を求めて、欧米から多くの患者が訪れる。

鈴木 信正

|

東京済生会中央病院(東京港区) 【専門分野】脊椎側湾症


脊椎インストゥルメンテーション手術(金属で脊椎の変形端正、固定する法)において世界的権威のスーパードクター。治療の難しい脊椎側湾症に1300例以上の手術経験を持ち、3000例以上の脊椎手術を行ったエキスパート。欧米からも多くの患者が訪れる。

出沢 明

|

帝京大学溝口病院(川崎市) 【専門分野】ヘルニア


「神の左手」と称される腰痛内視鏡手術のスーパードクター。傷口は僅か1cmほどであり、手術時間は約1時間、3時間後には歩行する患者もいる。その知名度は日本のみならず、海外にまで広く知れ渡り欧米からも多くの患者が治療に訪れる。

伊藤 信久之

|

伊藤クリニック(大阪市福島区) 【専門分野】頚椎ヘルニア


レーザー治療(PLDD)手術のエキスパート。従来の手術とは違い、局所麻酔で済み、身体への負担が極端に少ないため伊藤の手術は日帰りが可能。傷口はほとんど残らず、手術はわずか15分で終えるその匠の技は正に「神業」である。

宗田 大

|

東京医科歯科大学附属病院(東京文京区) 【専門分野】スポーツ整形


膝関節学を得意とするスポーツ整形のスーパードクター。野球、サッカー、テニス、バスケット、スキー、スケート等のそれぞれの種目の関節と筋肉の軌道コンピュータで解析し、原因を特定し最適な治療法で治療する手法は、多くのプロアスリートから高い評価を受けている。

林 泰史

|

東京都リハビリテーション病院((東京墨田区) 【専門分野】骨粗しょう症


骨粗しょう症の分野では真っ先に名前が挙がるのスーパードクター。X線画像から症状を読み取る読影力は、正に神業でありその治療法と診断力は他の追随を許さない。多数の著書がありNHKをはじめとする多くのTVにも専門家として出演している。

須田 康文

|

慶応大学附属病院(東京都新宿区) 【専門分野】外反母趾


外反母趾端正手術には現在100以上の術式が存在するが、須田は最先端の極小侵襲手術の第一足指外反母趾端正手術(DLMO法)を最初に開発し、現在最も高度に行うスーパードクターとして名を知られている。DR.須田は傷口は1ヶ所、日帰りも可能、症例は1000以上。

国立成育医療センター

|

(東京世田谷区) 【専門分野】小児整形


小児整形外科はもちろん、小児外科医療全般における治療で世界から治療に訪れるパイオニア的最先端医療病院である。ドクターたちの全員が欧米の小児外科の第一線の臨床、研究機関から帰国して着任している。胎児診察、小児腫瘍外科、移植外科など、世界最高レベルの治療が可能であるスーパーホスピタルである。

伊藤 博志

|

高山整形外科病院((東京葛飾区) 【専門分野】ぎっくり腰


東洋医学と西洋医学を合体させ高山式腰痛治療を編み出し、治療歴30年と施術5万人以上の経験を持つ、ドクター兼鍼灸師。慢性腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、すべり症、分離症、側湾症などの背中、腰の痛みの医学のカリスマと称されるスーパードクター。「患者が決めた!いい病院ランキング」の腰痛部門で毎年第一位を獲得している。

三戸 明夫

|

弘前記念病院(弘前市) 【専門分野】脊椎管狭窄症


整形外科病院として、世界でも最も最先端手術を行う事ができる病院であり、国内でも随一の手術治療症例数を誇る。三戸が開発した特殊な器具を体内に埋め込む手術をもって、これまでに2000例を越す症例を誇る世界的スーパードクター。

川鉄千葉病院

|

(千葉市中央区) 【専門分野】肉離れ


スポーツ中に起こる自下筋肉の強力な収縮により、筋肉が耐えられなく発生する部分断裂である肉離れの治療において他の追随を許さない実力を持つ病院。それぞれのスペシャリストが集結したスタッフ8名のチームにより前十字靭帯損傷、半月板損傷などの膝疾患に対し、チーム独自の開発による関節鏡下手術が施される。脊椎、頚椎、腰椎の脊柱管狭窄症に対しては脊柱管を最先端の技術で固定する術式を編み出し、多くの患者を救っている正にスーパーホスピタルである。

竹内 勤

|

埼玉医大総合医療センター(川越市) 【専門分野】リウマチ


「絶望の病」と言われた関節リュウマチの世界的権威。自己を守るべきはずの免疫が自己の身体を攻撃してくるリュウマチ、膠原病などの自己免疫疾患に対し、分子免疫学、分子生物学、臨床免疫学の分野からアプローチし、独自の生物学的製剤を開発し多くの治療実績は世界からも多くの患者が訪れている。著書「膠原病、リウマチは治る」

山口 利仁

|

手の外科・スポーツ医学研究所(八王子市) 【専門分野】手の整形外科


「手のスーパードクター」として国内外から高い評価を受ける名医。現在医学会では一度失われた軟骨は戻らないとされ、治療不可能とされていた「関節軟骨の再建」と「関節軟骨の手指移植」の第一人者である。外傷やスポーツによる外傷の手関節の、再接着術及び再建術を得意とし、年間なんと2500例の手術数は世界的にも驚異的な数字である。正に不可能を可能にする神の手と呼ばれている。

児島 忠雄

|

埼玉成恵会病院 (東松山市) 【専門分野】腱鞘炎


手の外科分野における世界的権威。手の軟部組織の被覆や、先天性異常の分野での研究と治療技術は世界でも比類ない。また形成外科のエキスパートであり、日本手の外科学会学術会において学会長を務める。日本でも希少な手の外科専門病院を設立し、治療にあたっている。国際手の外科学会から「パイオニア・オブ・ハンドサージャリー」の称号を受けた唯一の日本人スーパードクターである。

白石 建

|

東京歯科大学市川総合病院(市川市) 【専門分野】首の痛み


通常の治療では後ろから首を支える筋肉を、全て骨から切り離したり裂いたりして筋肉を傷めてしまうので、術後は筋肉が無いために首が動かせなくなる、運転が出来ない、首の姿勢が異常になるなど大きな後遺症に苦しむ。筋肉と筋肉の隙間から浸入し、筋肉を傷つける事無く、傷の小さい低侵襲脊椎手術の椎弓形成術を開発。筋肉を温存し、首の痛みだけを除去する 術式の世界的スーパードクター。


▲Page Top


千葉 友幸

|

千葉クリニック(千葉市中央区) 【専門分野】アトピー


アトピー、皮膚科の世界的スーパードクター。複雑に原因が重なり合う患者個々のアトピーの原因を、最新医療設備と検査で判明し、その原因を排除し患者個々に合わせたオーダーメイドの治療を施す。千葉の治療ポリシーは、「日常生活を苦しめる類の治療はしない」「患者の生活の質を大切にする」である。その治療実績は国内外で高い評価を受けている。

大場 俊彦

|

慶友銀座クリニック(東京中央区) 【専門分野】いびき


いびき、睡眠時無呼吸の手術、治療のエキスパート。鼻中の下甲介部分の肉の隆起部に、極細の針を穿刺して肉を温め、肉の盛り上がりを縮小させ気道を拡大していびきを完治させる「高周波ラジオ波治療法」を採用する。コンピューターで針先の微細な加減を制御しながら、鼻の粘膜を傷つける事なく、患部をピンポイントで焼く技術は正に神業である。この高度な治療を治療時間2分、手術費用は6000円の手軽さは驚異的である。

国立精神・神経医療研究センター病院

|

(東京小平市) 【専門分野】うつ病


今まではうつ病の診察とは患者への問診とドクターの感と経験で診断を下してきた。その結果、全く別の病気である一過性適応障害、双極性障害、総合失調症と誤診するケースが多発し、間違った薬が処方される例が後を絶たない。うつ病の原因である脳の血流量の変化と、脳の活動料を数値とグラフで読み取る最先端の装置を駆使して、最も的確で適切な治療法で治療にあたるので、脳の患部を特定できピンポイントで的確に治療が可能なスーパーホスピタルである。

小林 一広

|

城西クリニック(東京新宿区) 【専門分野】薄毛


過去、医学では治療不可能とされていた薄毛の分野に、最先端の治療の道を開いて数多くの治療実績を上げている薄毛専門のスーパードクター。 TBS番組「予約殺到のスゴ腕外来SP」で取り上げられ薄毛に悩む多くの患者が訪れ、1ヶ月で何と5000人以上の診察をこなす名医である。

西尾 久

|

西尾久接骨院(東京荒川区) 【専門分野】顎関節症


他で通常使用するスプリント、マウスピース等は一切使用せず、「頭蓋骨」のみのゆがみを治す事ができる、正に顎関節症の神の手と呼ばれる。顎関節症の原因は実は顎自体には無く、関節の土台にあたる側頭骨のズレにある事を真っ先に発見し、独自の西尾式治療法で数多くの患者を救っている。その治療法は海外にもとどろき、見放された多くの患者が最後に訪れるスーパードクターである。

福島 一雅

|

ライズシティクリニック(東京豊島区) 【専門分野】肩こり


レントゲンでは診断不能な肩こりを、最先端の超音波エコー診断と、東洋医学の鍼灸マッサージと、西洋医学のノウハウを合体させたオーダーメイドの治療を行う名医。プロアスリート、スポーツ愛好家などが数多く訪れる。ほとんど全ての肩こりを改善させる事が可能と言われる。

大久保 公裕

|

日本医科大学附属病院(東京文京区) 【専門分野】花粉症


他の治療はあくまでも対処法でしかないが、世界に先駆けて行っている「舌下抗原特異的免疫療法(大久保式減感佐療法)」により花粉症の原因を排除し、確実に患者の80%を治療、改善している世界的スーパードクター。鼻腔生理学、免疫アレルギー、花粉症の治療で大久保の右に出る者はいない。

山下 理絵

|

湘南鎌倉総合病院(鎌倉市) 【専門分野】形成外科


シミ、シワ、そばかす、アンチエイジングにおけるレーザー美容治療のスーパードクターである。10台のレーザー器機を駆使して、疾患ごとに適正レーザーを選択し治療にあたる。さらにケミカルピーリングにより若い肌に生まれ変わらせるその技術は「美のカリスマ女医」と呼ばれている。年間症例数は3000例以上。あざ、やけど、腫瘍、傷跡などの形成外科的治療は、綺麗、速く、正確に、美しく縫い、傷跡を目立たなくする技術は他の追随を許さない。

東京女子医大附属病院

|

(東京新宿区) 【専門分野】口臭


様々な原因が複数併発して発生する、治療の難しい口臭治療のスーパーホスピタルである。口臭の息の成分を分析する最先端の女子医式口臭検査と、口腔外科、歯科の合体治療により、他では治療不能の症例を数多く完治に導く。口臭は社会の対人関係を損なう重大な疾患であり、大きな心理的負担を抱えている患者にとっては救いの神のような病院である。

平田 雅彦

|

平田肛門科医院(東京港区) 【専門分野】肛門、痔


肛門、痔の手術には便漏れ、排便時の痛みなどの後遺症が起こりやすい。平田式治療は「痔は切らずに(手術をしない)治す」を目的に最善を尽くす。内痔核の手術率12%という数字は、世界的にも驚異的な低さである。痔を温存しながら完治させるその技術は「ミスター・ヒップ」として世界にとどろいており、欧米からも患者が訪れる正に肛門、痔のスーパードクターである。

広川 雅之

|

お茶の水血管外科クリニック(東京文京区) 【専門分野】下肢静脈瘤


下肢静脈瘤、静脈疾患、などの血管外科のスーパードクター。下肢静脈瘤に対する内視鏡的筋膜下交通枝切離術(SEPS)、局所麻酔(TLA麻酔)、さらにパルスヤグレーザーによる、レーザーストリッピング半導体レーザーを組み合わせた最先端治療により、日帰り手術を可能にした実績は、数々の国内外のメディアでも取り上げられている。

弘岡 秀明

|

スウェーデンタルセンター(東京千代田区) 【専門分野】歯周病


歯周病の治療の世界最先端とされるスウェーデンのイエデボリ大学の世界的権威であるリンデ・ニーマン博士の元で治療研鑽を積み、多くの治療にあたる歯周病のスーパードクター。また歯周病に伴う歯列不正、歯列動揺、審美までをトータルに治療し、また再度再発しないように顕微鏡下で、歯とクラウンの間に細菌が付着しないようにミクロン単位の処置を施す技術は、正に神業である。

佐野 俊二

|

岡山大学附属病院(岡山市) 【専門分野】小児心臓外科


小児に対する心臓弁膜症への弁形成、冠動脈バイパス手術、バチスタ手術、心不全心筋症の神の手と呼ばれるスーパードクター。心筋内LADへのOPCAB手術、心筋症や虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対するバチスタ手術、SAVE左心室形成術、腱索(translocation手術)、メイズ手術不能例に対する(volume reduction メイズ手術)、VSPに対する(exclusion手術)を自身のオリジナルで編み出した手術法で行う。心臓手術の最難関とされる「左心低形成症候群」を独自に開発した、佐野式手術は手術成功率90%以上を誇る正に神の手である。

中央病院

|

(東京渋谷区) 【専門分野】性病


性病治療に20年以上の経験と、最先端の療法を組み合わせ多くの後遺症を極力残さない性病治療実績を誇る。治療の予後にもケアが行き届いており、病気の再発と再発した場合の早期発見、早期治療を目指す性病のスーパーホスピタルである。

矢崎 知子

|

クリニックハイジーア(東京渋谷区) 【専門分野】線維筋痛症


原因不明であり治療困難とされる線維筋痛症に対し、世界最先端と言われる代替医療と、先祖代々漢方医である父から学んだ東洋医学を合体させた 矢崎式治療法で多くの治療例を誇るスーパードクターである。全くと言っていいほど薬を使わないのが特徴であり、「分子整合栄養医学」、「ナチュラルホルモン補充療法」、「東洋医学」、それらに最先端の現代西洋医学を組み合わせ、線維筋痛症を対処療法ではなく原因から根本的に治療していく、線維筋痛症の世界的名医。

南淵 明宏

|

大和成和病院(大和市) 【専門分野】大動脈解離


正に心臓医の中の心臓医と誉れ高い。最難関とされる心臓を動かしたまま心臓の手術を行う、心拍動下冠状動脈バイパス手術のスーパードクター。心臓治療ライブデモンストレーション(CICC)で、2000人の心臓外科医を前にオンポンプ(心臓を動かしたまま)CABG法手術を実況中継して公開手術した。この難関手術を年間200例以上執刀している技術と経験は、正に神の業と呼ぶにふさわしい。「ブラックジャックによろしく」に登場する心臓外科医の北三郎のモデルである。

横関 博雄

|

東京医科歯科大学病院(東京文京区) 【専門分野】多汗症


多汗症、無汗症、アトピー性皮膚炎、全身性強皮症、膠原病、皮膚腫瘍、皮膚感染症、皮膚リンパ腫など皮膚のスーパードクター。皮膚に対し画期的な超音波検査、誘発検査、デルモスコピー検査、真菌検査、病理検査、アレルギー検査を行って原因を正確に特定する。その原因に対し原発性局所多汗症には、ボトックス治療で、アトピー性皮膚炎には最新薬のSTART6 DECOYで高い治癒率をあげている名医。

黄川 田徹

|

東京サージクリニック(東京中央区) 【専門分野】蓄膿症、鼻詰まり


内視鏡による鼻科領域手術のエキスパート。今まで不可能とされた、動脈を一切傷つけない神経手術と、全く独自に開発した技術と特別内視鏡で行われる黄川田式内視鏡手術で、高い治療効果を上げている。この術式は従来の手術に比べ、大幅に手術時間を短縮し患者の負担を最低限に抑える。慢性鼻炎、蓄膿症(副鼻腔炎)における鼻手術の正に神の手、スーパードクターである。

大高 功

|

横浜相鉄ビル眼科医院(横浜市) 【専門分野】ドライアイ


目のスーパードクター。目薬では効果30秒と言われる程、根本治療が難しいドライアイに対して目をバスタブにみたて、栓に相当する「涙点プラグ」で涙点を塞いでしまい、目が常に涙で潤った状態を保持する治療法で、高い効果を上げている。大高が開発した、「大高式涙点プラグ」は患者ごとの涙点のサイズに適合したプラグを使用するため、抜け落ちる率が小さい。費用は3割負担で3000円。無痛である。5000例の治療実績があり感染例は皆無である。

三角 和雄

|

千葉西総合病院(千葉市) 【専門分野】動脈硬化


高度な技術を要するカテーテル治療の中でも、最難関とされるロータブレータカテーテル治療の世界的権威。心筋梗塞などの心臓血管の詰まりや硬化した血管に対し、カテーテルの先端部分に装着した人工ダイヤモンドの極小ドリルで手術を行う手技は、正に不可能を可能にする「神の手」である。アメリカのドクター格付け機関から Best Doctor in Japanに毎年選出されており、日本ではブレータ治療の指導医として認められているのは三角のみである。

近藤 惣一郎

|

SOグレイスクリニック御殿山 【専門分野】日本人向け和風美容整形


切らない顔の引き上げ術、チタンペックリフト、切らない目の下のクマ・たるみ取り、自己再生TCB、切らない小顔術、プラズマレーザーメソセラピーなど、人間の皮膚を組織学的、細胞学的に自己再生能力を引き出す治療により、美容整形学会に革命をもたらしたスーパードクター。近藤の開発したペクリフト顔引き上げ術とは、顔には一切メスを入れず、頭髪部分の頭皮に1mmのチタンネジを埋め込み、糸で顔を引き上げネジに固定するもの。正に、美容整形のパイオニアである。


▲Page Top